PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3シナリオ全部に参加してみた。
らっかみのシナリオがどんな塩梅なのか楽しみです。


シナリオタイトル :第3弾 春の木漏れ日らくがお日和
キャラクター :X 我威亜(RKM001942)

■プレイヤーの目的・意図
ドタバタな展開ということですので、もっとドタバタを加速させたい。

■キャラクターの目的・理由
【目的】落成したばかりの胸像に、らくがお仮面より先に落書きをする
【理由】俺が高校一番の芸術家だから

■キャラクターの行動・手段
「洋二、お前じゃ役不足だ。漆黒の堕天使にしてグラサンの天使である俺が倒してきてやる」

誤用など気にしないのがストリートのスタイル
らくがお仮面の目的は、俺への挑戦に間違いない
いいぜ、受けて立ってやる

「伊達ワル横綱は逃げも隠れもしない!」

絵画道具を持って、胸像を守る新入生ズに正面から堂々と近づいていく
その姿は、サングラスと黒のふんどし(まわしの代わり)だけを身につけ、全身にヒョウ柄のボディペインティングを自らほどこすパーフェクトアーティスティックスタイルだ
男は嫉妬しろ
女は酔いしれろ

「なぜ神は気づかなかったのか―――俺という至高の芸術に」

新入生に名前を尋ねられたら、
「寝子島高校の生きる伝説である俺を知らないとはな」
と前フリしてから自己紹介する

胸像はらくがきをして、俺そっくりの顔つきにする

「画竜点ワルを欠くとはこのことだぜ」

【なぜか捕まえられたら】

「”お子様”にはセクシー濃度が高すぎたかな?」
と言ってニヒルに笑いつつ、脱出をはかる
スポンサーサイト
シナリオタイトル :第2弾 桜を訪ねて、九夜山トレッキング!
キャラクター :X 我威亜(RKM001942)

■プレイヤーの目的・意図
明らかにダメな先輩なんだけど一周まわってかっこいいかも明らかにダメだけど、と後輩の心を惑わせたい。

■キャラクターの目的・理由
【目的】高校生として正しい振る舞いを教える
【理由】(2留の)先輩として後輩に”大人”を教えたい

■キャラクターの行動・手段
「俺が初めてこの桜を見たのも―――4年前か」

だが懐かしさに身を委ねる暇はない
後輩に高校生の振る舞いを教えてやる

「今日の俺は情熱伊達ワルティーチャーだ」

百の言葉よりも俺そのものが説得力に満ちた存在
トレッキングしやすさを完全に無視しした伊達ワルルック(黒のレザージーンズ、やたら先の尖った革靴)で胸を張って堂々と山を歩く

「登山と書いてセクシーと読むのが高校生だ。漆黒のモードが山のマイナスイオンで輝いてるぜ」

すべっても気にしない
転んでも気にしない
服が破れたらリアルに涙目だが、気にしないフリをする

なんでわざわざ場違いな格好をするのかだと?

「場違い、なんて俺の辞書には載ってないんだよ。伊達ワルが俺のスタイルだ。どのストリートでも俺は俺らしく歩く。フツウ、なんて”大人”しい生き方をするのは”大人”じゃねえよ。ソウルが導くままに俺流でシーンの最前線を切り開き続けるんだよ」

世の中とうまくやってくのが”大人”じゃねえ
ストリートで生きる信念を持ってるのが”大人”なんだよ
それが伊達ワルの美学だ

「―――お前らが分かったなら、俺は帰るぜ。足の裏にマメできたから」



1回目は変態だったので、まじめかなアクションです。
とりあえず、こんなキャラです。

寝子島のプリンス・オブ・伊達ワル「X 我威亜(くろす・がいあ)」

イラストはアイコンを頼んでいます。

プレシナ第1弾 ドラ猫とっつかまえ大作戦!にアクション投稿しました。

アクションは以下のとおりです。

■プレイヤーの目的・意図
我威亜先輩がダントツで頭おかしい人だってことを見せてやるんだ!

■キャラクターの目的・理由
【目的】ボン太と戦う
【理由】寝子島のストリートに王者は二人もいらない。そうだろ?

■キャラクターの行動・手段
「いつかお前とは雌雄を決する日が来ると思っていたぜ。どっちがこの町の帝王か、勝負!」

ボン太を引き寄せるため、ストリートで裸になって、体に猫缶(鮪味)の中身を塗る
股間のマグナムボーイは空缶で隠す
あえて敵地で身を晒すのは不退転の決意のあらわれだ

「野生の血を滾らせるには、素肌で敵意を感じなきゃいけない。刺さってるぜ、ボン太、お前の視線が……!」

他にも視線が刺さってる気もするが、
恐らくはダビデ像じみた俺の裸体に股を濡らした女の熱視線だろう
もしくは、イケてない男が俺のモテぶりに嫉妬する視線だ
邪魔をするようなら
「黙って下がりな。戦いが始まったらヤケドじゃすまねえぜ」
と忠告する

ボン太が近づいてきたら
「フシャー!」
とワイルドな(奇)声をあげて威嚇し、かみつく

「今の俺は400%の俺だッ!」

【銭湯にボン太が逃げたら】
男湯女湯という銭湯のルールは俺に通用しないので、構うことなく突入する

女が悲鳴をあげたら
「後でいくらでもキスをしてやるから、今は黙ってな。男の戦いの最中だ」
と言う

【逮捕されたら】
「やはり乱世でないと俺は生きられない宿命……」とつぶやく

以上。

能力はあえて持たないのも面白いかな、と思ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。