PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行動は、非公開部分に接触しまくりなので、台詞のみ抜粋!
はたして公開する意味はあるのか……ゲーム終了後にアクションは全部公開したいと思います。

キャラクター名:アザーティア

「少しお時間頂けませんか?」
「はじめまして。私の名前はアザーティアです。みなさまを救うために生まれました」
「穢れなき白き棺。あまねく怨嗟を断ち静寂で我等を包め。聖櫃!」
「神よ、私は今日、恵まれぬ仔羊と出会いました。この出会いに感謝いたします。
 彼らの苦しみと憎しみと痛みを供物として捧げることができるのですから」
「それでは救済をはじめますね。燦然と輝く幾千の手。あらゆる悲哀と憎悪を奪え。千手!」
「大丈夫です。痛くないと思いますよ」
「そんなに怒ってどうしたのですか。みなさまは苦しみから解放され神への捧げ物となるのですよ。じっとしてください」
「みなさま、生きていた頃よりもずっと綺麗です」
「おおきくなーれーおおきくなーれー」


うん、イカレサイコ幼女だ。
呪文は、ヴァルキリープロファイルチックな書き方です。一番、やんちゃな言い方なので。
スポンサーサイト
●第3話●

【3-1:kiss】

船員が殺されているのをエルムが発見する。
ジョエルに誰かが彼を口封じに殺し、次は自分だと脅す手紙が届いた。
ヘイゼルが合流し、コンラートが倒れたことについて会話する。
ヴェントがローゼン騎士団の体制を整えて王城へと凱旋をした。
現国王ベルクの退位を正式に告げ、新たなローゼンガルドの確立を宣言した。
ロウとクッカがメイドとなってユシュアルと共にいる。
ロウがユシュアルに彼の力の『結晶』を飲み込ませる。
ジョエルがカティーに髪飾りをプレゼントする。

【3-2:いざ行かん青の地へ】

ヘイゼルとエルムの元にグローリアが訪れ、アズールの現状を話す。
エルムがオットーに路銀とランドレイク・ホーンの紋章を渡す。オットーが代わりに紫の布でエルムの髪を結う。
ロウ、クッカ、ユシュアルがエルムたちと合流し、船上で会話する。
アズールホーンに到着する。洞窟で竜騎士団の地竜と戦う。
ヘイゼルが負傷し、ロウが船に連れて行く。

情報:
アズールはすでに魔物の手に落ちた。
アズールの結界は外敵を寄せ付けないようにしているのではない。あれは中のものを封じている。
先日の黒竜はおそらくその結界外から送り込まれたとグローリアは見ている。

【3-3:青は黒へと塗りつぶされた】

地上では黒竜が町中巣くっている。
エルムがランドレイク・ホーンの屋敷に駆け出し、他の冒険者も後に続く。
屋敷内部で黒竜と戦闘になる。
エルムがプロメテオに連れて行かれる。
ユシュアルの命でリヒターがクッカと共に姿を消す。
グローリアがプロメテオに切られる。
ヴェントの結婚式典が行われる。
ベルクが倒れる。内にいる魔物と戦っていた。

【3-4:閃光】

イヴリーンが王家での『真実』を広める。
イヴリーンに招待状が届く。
フィテウマがイヴリーンの家族の生存を調べようとアスターヘイズに行く。
ライトニング・スターが2つに割れ、ロウとヘイゼルの体内に吸い込まれる。
アンバーフォートの山々が一瞬にしてなくなった。
クッカが乗船し、ロウが船を避難させる。

情報:
アスターヘイズも、アズールみたいに閉鎖されている。兵士だけがいる。
内側に入った遺体が一瞬にして消えた。
老人の孫はオルトという名前。

【3-5:少年少女よ大海を知れ!】

カティーが料理をし、オットーと昼ごはんを食べる。
カノンの元へランチボックスを持っていき、勇者一行について尋ねる。
ヴェントがイグニスと共同戦線の調印をする。
カティーとオットーがハーツェルと出会い、アズールホーンの奪回協力を依頼される。
カノンがオットーに犬の首輪紋章入りのチョーカーを渡す。
バルタザールとチャコールが宿でカルルについての話などをする。

情報:
(カノンの勇者一行観)
リゼルヴァはガキってイメージまんま。甘ちゃんで泣き虫でお人よし。
クリスは行くのを嫌がってた。頑固なとこはあったけど優しい。
ハーツェルはマジメを絵に描いたヤツっていうかつまんねーヤツ。

シャルの頼みでカノンが動いていた。
イグニスは散り散りに逃げ生き残った民を集め、シルバーレインに受け入れて貰っていた。
ハーツェル・ドラゴネッティがカノンの協力者。北の村でカティーを助けだした男。

(ハーツェルの勇者一行観)
ハーツェルと勇者一行の出会いは、カノンやリゼルヴァとは勇者の護衛に決まった時。クリスやセトは昔からの知人。
セトは、慈愛に満ちたような一面はある。だがそれは目的の為の手段に過ぎない。能率的。

【3-6:新たな出発】

チャコールがカルルやアルビレオスのために融合した魔物の分離の研究を始める。
バルタザールの部屋をエセキエルとアルビレオスが尋ねる。
クリスから教えてもらった、使われていない古い教会をバルタザールらの住処にする。
カルルが王位継承権を辞退することはヴェントに話してきた。
アルニカ・ロゼットは土地を街道脇の港寄りの場所へと移動して再建することになる。
ディルが温泉を掘り当てる。
火事で、ディルの火球が邪念を持つ火精を呼び寄せて、街を焼くことになってしまった。
ユーコミスが石像の身ぐるみを剥ぐ。
ブラウアーが図書館でカティーを励ます。
図書館には、バルタザールやブラウアーが置いたもの、カティーがまとめた物語の類、エルムの絵本がある
カティーたちが笛について話す。

情報:
地下の笛。元々アスターヘイズの古美術商から買い取ったそうで、年代的に相当古いもののよう。あまりに古いので資料も言われもわからない。

【3-7:flickering】

ジェレミーがセトに便を返そうとするが、もう一度受け取るよう促される。
キーネ、ヤツカ、ハルシャ(元ノエル)が伏魔殿に行き、ジェレミーと出会う。
セトと会話をする。
ヤツカがセトを自分の親を育てた人だという事を確信する。
ブラインドマンが家でセレーノと会話する。
トパーズの持つ珠が割れ、真っ黒な小竜が出てくる。

情報:
クッカが暗黒竜。
セトには、ここに居るものたちを出さないこと、アズールホーンに居るもの、そしてシルバーレインを守る為の反動が枷となっている。
セトは風の神。望みは、私の望みは一つ。誰かにこの席を継承してもらい、永遠に眠りたい。
北の村人はローゼンガルドの大教会にいる。
黒の信徒と教皇は鬼神の力を呼び起こすために行動している?

【3-8:fall into a deep sleep】

エレナが店頭で炎に包まれ、頭に兎耳が生える。
ブラウアーの元へエレナが行く。
ピリカは獣人の青年とミーティア行きの船に乗る。
クリスとエセキエルがひとつになる。
ジェレミーがセトからもらい受けたオリハルコンを武器にすることをクリスに相談する。
ネスとジェレミーが地下教会へ行く。

情報:
四大神は世界を四つに分け、細かく分ければ六つなんだけど、その土地を守ってきた。
アンバーフォートが消滅する。
水の神は土地を守る者達に力を受け渡すとか調子のいい事言って押し付けた。
軍神から負の部分を引き抜いた奴がまだいる。
ミーティアの魔導師とかは水面下で組織を作っている。
合言葉は「暗黒竜バンザーイ!」
暗黒教団のミサに参加しているのは獣人ばかり。

【3-9:暗闇に光る星】

ジェレミー、チルハがリュナンの武器トライフォースを打つ。
マッドゴーレムが現れ、リュナンが倒す。
バルタザール、カルルが森の教会に行く。
リュナン、カノン、チャコール、クリス、エセキエルが合流し、城に潜入する。
エセキエルがクリスをつれて、礼拝堂を調べる。トパーズは見つからない。
バルタザールの所にチャコールが合流する。
ダークスターについてバルタザールがサナに尋ねる。

情報:
カルルは母親の体内に居る時に生きたまま魔物と融合された。
ダークスター:原生生物のような怪しげな物体。無数の触手を持ち、その大きさは十メートルにも及ぶ
ダークスターにサナの母が襲われ、サナが生まれた。

【3-10:闇は空へと舞い上がる】

セレーノとアルビレオスが合流し、教壇に潜入する。
暗黒教団の信者が二百人ほどは居る場所に出ると、ルー老神父がいる。
石棺の中にトパーズと小竜がいる。
小竜がブレスを放ち、祭壇が崩れる。
セレーノの枷が外れる。

情報:
ケールの弟はタナトスと言うらしくて。ケールが軍神である反面で死の命運を司るのに対して、タナトスは死そのものを司る神様。


できた!
●第2話●

【2-1:それは、恋か変か】

ヘイゼルがクッカとエレナの二股宣言をし、後日「ドMのナンパ師」称号を得る。
二枚看板が休業したのでトパーズ、ジェレミー、カティーが芝居をやることになる。
ヤツカ、カティー、ディルが図書館でセトについて語る。
ジョエルとカティーがラブラブ

情報:
ディルが幼い頃セトに弟子入りした。本人は魔族って言い張ってた。すんごい綺麗な人で男か女か分からない。持病があったみたい。

【2-2:それぞれの形】

キーネがアルビレオスと会話し、通信ができる水晶玉を渡される。
ブラウアー、エレナがノエルと会話する。
ジョエルとヘイゼルがアーッ!
サナがイレウスの日記を読む。

情報:
ノエル?は瀕死だったノエルの体を貰って、その記憶と言動を受け継いだ。
「男もいけるヘイゼル」「ジョエルがカティーに告白したのはホモ隠し」

【2-3:その目の先にあるもの】

トパーズ・ジェレミー・カティーによる舞台が酒場で幕を開ける。
クッカとエセキエルが会話する。
ヤツカとピリカが舞台裏でラブラブ。
ヤツカがピリカの腕輪を持ち出す。
診療所でピリカ、イヴリーン、フィテウマ、ユミが会話する。
フィテウマがロウの作ったお守りをイヴリーンに渡す。
夜、診療所を襲った侵入者をユミが石に変える。
診療所はしばらく閉鎖となり、ユミ達はアルニカ・ロゼットに医務室を構え、住まうこととなる。

情報:
クッカとメサイアと名乗る黒猫が古い知り合い。
竜の血には回復効果がある。

【2-4:陰謀に次ぐ陰謀】

イヴリーン達が城へと出向き、道中でネスとチルハを回収し、城門でヴェントと合流する。
王女シャルとヴェントの婚約を謁見の場で告げる。
ミーティアからベルク王の王座の剥奪を迫る書状が届く。
ピリカの出自について第二王妃オーウェル、ヴェントらが口論する。
騎士団長と衛兵が一つ目の魔物に変わる。
ネスやヴェントたちが魔物と戦う間にフィテウマが王とイヴリーンを抱えて逃げ去る。
第一王妃が青い肌の醜い容姿の化け物に変わる。
クッカが王妃を倒す。
バルタザールが王子を連れて脱出し、酒場で国王と出会う。

【2-5:縛られる者達】

ブラインドマンにカノンが魔道具探しを依頼する。
リュナンが獣人に襲いかかり、ジェレミーが止める。リュナンが元の体に戻る。
ジョエルが役所へ赴き、コンラートとユシュアルの引渡しを求められる。
カティーとトパーズが北の村に赴き、カティーはシスターと契約する。
三人は死者に襲われ、捕らえられてしまう。

情報:
ユシュアルは指名手配される予定だった『竜を操る力を持つ娘』である可能性が高い。
ロウは龍そのもの。
黒竜のウロコには飼料の粉が付着していた。

【2-6:裁きと救い】

セーヴル司祭がクリスを教会に連れてくる。クリスは生気が薄く、ぼんやりとしている。誰かに記憶を奪われてる。
エセキエルとサナが口論するのをセレーノが止める。
アルビレオス、メサイアが合流し暗黒教団やクリスなどについて会話する。

情報:
フード付マントについた文様は暗黒竜を崇拝している一派のもの

【2-7:虎穴に入らずんば…】

ブラウアーがリンを訪れる。
エレナ、ブラウアー、リンが屋根裏部屋に行き、チャコール、オットー、カノンと合流する。盗賊について作戦会議をする。
その夜、ブラインドマンも交えて作戦を実行する。
アジトには聖堂のようなところに、とんでもない数の信者がいた。
笛のある場所につくと、カティーが囚われていたため救出する。
信者が消えた隙にトパーズを探すが見つからない。

情報:
下水道の先に盗賊の隠し部屋。

【2-8:強固な意思は時として】

エルム、ヘイゼル、ロウが城に向かい、リヒターと出会う。
ロウが竜に変身し、城にブレスを放つ。
エルムとヘイゼルが城へ乗り込む。
コンラートが地下牢へと向かう。
ユシュアルと第三王妃が会話しているところにコンラートがやってくる。
クッカが王妃を倒し、ユシュアルを連れ去る。
エルムが変身する。
コンラートたちは城から逃げる。

【2-9:幕は切って落とされた】

酒場で王子たちが会話する。
街に火の手が上がるが、小さな飾り瓶に吸い込まれる。
●第1話●

場面は全てローゼンガルド

1-1:アルニカ・ロゼットより

エセキエルがエルムに金をせびる。
ロウ、ユシュアルが会話に加わる。
別のテーブルでフィテウマがヘイゼルでネコじゃらしで遊んでいる。
ユーコミスが黒竜調査動向を申し出る。
ユシュアルとエルムの手が触れ合って恋に落ちたような錯覚(byエセキエル)にはならない。
カティーもネコじゃらしで遊ばれる。
一同のカティーを愛でる会が始まる。
カティーが図書室について語る。
リュナンが木彫りの人形と招喜猫を持ってやってくる。メルが飾り付ける。
メルとサナがイレウスについて会話する。

情報:
図書館の棚に仕掛けがある。本棚の奥に隠し通路があって、屋根裏部屋に行く事ができる

1-2:それは偶然か、必然か

バルタザールが自室でチャコール、ヴェントと潜入について会話する。
バルタザールとヴェントが王の容態について会話する。
コンラート、イヴリーンが部屋に入る。

1-3:秘め事

港で貴族に扮したジョエルが船員から情報を得る。
リンが船員に手紙を渡す。
ピリカとヤツカがアルニカ・ロゼットの舞台袖でピリカの出自の相談をする。
ピリカとヤツカがラブラブ

情報:
コンラートが団長を暗殺した犯人という噂(船員)。
ハーツェル・ドラゴネッティの妹がローゼンガルドに潜り込んでいる。竜を操る妙な技を持ってるとかで、近々ローゼンガルドでも指名手配をかけるという噂。

1-4:探し物はなんですか

ブラインドマンが酒場にやってきて失せ物探しをする。
クッカやリュナンたちが勇者について会話する。

情報:
勇者の気の手応えは全くない。
黒龍は北から来たらしい。
イグニス王はアズールの結界内で生きている。
暗黒竜の気がローゼンガルドに流れている。
アルビレオスの連人の娘の気はない。
セレーノの爺様の気はない。

1-5:待ち人来たり

エセキエルやセレーノがクリスについて会話する。
エセキエル、セレーノ、ジェレミー、トパーズ、リュナン、ディルがセレーノの村に行くことになる。
エセキエルにクッカがメルの手紙を渡す。最後の一文が灯台、下、暗し。
アルビレオスとブラウアーがキーネを尋ねる。
アルビレオス、サナ、セレーノが黒猫についていく。

情報:
セレーノの出身の村にクリスがいるが、ノイズが混じっている。

1-6:暗と明

ピリカとヤツカが城に潜入しようとした所でヴェントに出会う。
帰り道、刺客に襲われた所をヴェントに助けられ、診療所へ運ばれる。
カティー、ユシュアル、エルムがガールズトークをする。
ブラウアーたちの手記とカティーの手記が図書館に置かれる。

情報:
かつて、この国の幼き王子もあのフードの連中には襲われている。
盗賊の被害は、美術品…とくに骨董品が盗み出されるケースが多いみたいで。でも、数日すると返ってくる。一貫性がなくて、逃走経路もバラバラ。

1-7:チェイス

チルハ、エレナ、ネスがマントの人影を追いかける。
チャコール、オットー、ブラインドマンも盗賊について探っている。
ブラウアーが美術館でのびている少女二人を酒場に連れて行く。
盗品が戻ってきた。

1-8:始まりは…本の雨

ユミがピリカが襲われたことを竜騎士たちに伝え、守ってほしいと依頼する。
ジョエルがヘイゼルにカティーの護衛を依頼される。代わりに聞き込みを依頼する。
ヘイゼルがサナとバルタザールに黒竜について尋ねる。
ジョエルとカティーがラブラブ

1-9:善と悪の境で

ユーコミスやフィテウマたちが地下室で黒竜の遺骸調査をする。遺骸は人が抱えられる程度の肉塊でしかない。
エセキエルたちがセレーノの村に到着する。セレーノは不在。聞きこみをする。
一行は村に一泊する。
リュナンが変化し、シスターに斬りつける。
ジェレミーとリュナンが戦い、トパーズがリュナンを元の姿にもどす。

情報:
クリス?は休日に布教に来る。

1-10:それぞれの、思い

シスターが逃亡し、ディル、エセキエルと会話する。
ディルがシスターからネックレスをもらう。
ディルたちはエセキエルを村に残して帰る。
ジェレミーとトパーズが珠について会話する。

情報:
シスターの正体は魔物。クリスはアズールホーンに連れて行かれた。生きている。
シスターは交換条件で今の体になった。
トパーズの持っているものは破魔の玉。魔族の中でも、竜人種が作れるという特殊な魔法の石。リゼルヴァからもらった。

1-11:真意

フィテウマと共に、ユミは診療所へと戻る。
ピリカをヤツカが見守る。
イヴリーンが王宮に行き、コンラートたちと合流する。王妃と面会する。
イヴリーンが王の専属医師として出入りを許可される。
ヴェントとイヴリーンが手紙を見つける。
バルタザールが王子と第三王妃に救出を依頼される。
コンラートが王妃から何かを知らされる。
ユシュアルがローゼンの兵士に連れて行かれる。

1-12:立ち込める暗雲

アルニカ・ロゼットでネスやサナが会話する。
ユシュアルが牢獄にいる。リヒターと出会う。


2話以降はもうちょい簡略化しよう……。
過去リアが多いので、整理のためにまとめてみます。

●第0話●

0-1: a working man @ローゼンガルド

酒場【アルニカ・ロゼット】に雇われた獣人の青年ヤツカが勇者の先祖の物語を詩吟し、勇者に憧れる少女トパーズ・ベリウッドが聞き入る。
リュナン・カーリュオンとヤツカ、踊り子のピリカ、トパーズが会話し、リュナンが自分の先祖が【かの青年】と共に戦ったことを話す。
アルニカ・ロゼットでウェイトレスのバイトをしている修理鍛冶師チルハ・キサラギも会話に加わる。
エルフの青年ヴェントが酒場に訪れ、メイドのクッカに援助金を渡す。
ヴェントが王立の施設を狙った盗難事件について語る。
ピリカがヴェントに王との謁見を嘆願する。

情報:
103年前の暗黒竜と戦ったのは若者一人だったという記録が残っている。詩にも出てくる許された魔物ってやつが伝えた。
王立の施設が盗難に遭って、国家資金が火の車。犯人は細身で小柄な女性の盗賊。残念ながらチャコールではない。
国王の体調が思わしくなく、王妃の命によって謁見することができない。

0-2:Love is blind @ローゼンガルド

教会の裏路地でブラインドマンがエセキエルを匿う。
セレーノ・ルーがエセキエルを連れ戻す。
ユシュアルがブラインドマンにアズールホーンの国王探しを頼むが見つからない。生きていることは判明する。
ユシュアルがブラインドマンを酒場に誘い、エルムとコンラート教官と合流する。
エルムたちはアズールホーンについて情報交換をする。

情報:
大司教はエセキエルの亡き祖父の親友であるセーヴル司教。
厳しい審査という条件つきでアズールホーンへの船が出るようになった。城下には入れない。

0-3:appear on the stage @ローゼンガルド

QBノエルがエレナに魔法少女になってよと契約を持ちかける。
ヤツカとピリカが街に出かけるが、途中ではぐれる。
畜生ノエルがピリカに契約を持ちかける。
ヤツカ、ピリカが酒場に戻ると、サナとクッカが酒場で働いている。
リュナンに謎の声が魔族二人の危険を告げる。
アルビレオスがバルタザールと魔物化について会話する。

情報:
ノエルが黒幕。
神と契約するということは、何かすぐに渡せる大事なものを代償としなければならない。

0-4:black and white @ローゼンガルド

下衆ノエルが酒場二階の宿屋にいるキーネ・エイネリエに契約を持ちかける。
くずノエルが酒場裏手で稽古をしているオットーに契約を持ちかけるが、ネスが割って入る。
教会の肖像画の前でセレーノとエセキエルが会話する。
黒猫がやってきて、二人に体を貸すように言う。

情報:
やっぱりノエルが黒幕。
エセキエルの妹分クリスが勇者の護衛だったシスター。セレーノが数ヶ月前に村で見た。

0-5:an unforeseen disaster @ローゼンガルド

イヴリーン・アウルはフィテウマ・コモーサにエスコートされて宿屋から診療所へと向かう。
診療所でイヴリーンとユーコミスが会話し、共に診療する。
港にやってきたフィテウマがロウ、ヘイゼルと共に魔竜を見る。
ロウ、ヘイゼルが街へと駆ける。
リュナンたちが酒場から飛び出る。
サナとクッカが会話する。

0-6:overlooks the garden @ローゼンガルド

魔竜に襲われていたカティーをリュナンが助ける。
ロウとヘイゼル、ジョエル、サナが参戦する。
チャコールとリンがやってくる。
チャコールが魔竜を倒し、男たちがビビる。
サナやロウたちが会話する。
ブラウアー・フォーゲルがヘイゼルに声をかける。
黒い影が彼らを見下ろす。

0-7: I request a favor of you @ローゼンガルド

酒場にはいったブラウアーたちが竜騎士団について会話する。
トパーズとジェレミー、チルハがジェレミーの剣について会話する。
ディルがトパーズたちの席に着く。
オットーがメルに首輪で繋がれる罰を受ける。
黒猫がオットーに相談を持ちかけられるがジェレミーが間に入る。
トパーズとディルが酔っ払って宿屋を破壊する。
サナが後片付けをする。

情報:
竜騎士団長が何者かに暗殺されたという噂が流れている。


結構、時間かかる……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。