PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追記からアクション投稿文です。

▼プレイヤーの意図
ニッチ狙い。多数はヴィネやエレーネと行動すると思われるので、その生徒達と交差するアクション狙い。
▼目的
グレイプ氏の研究を手伝い、研究を完成させる
▼動機
最近、機晶石関連の事件が私の周辺で起きているので、機晶石に関する知識を手に入れたい
▼手段
【口調】
グレイプに対しては敬語を使うが、生徒に対しては「~だ、~だろうか」

【心情】
運よくヒラニプラの外れに研究者がいるそうなので、手伝いをしながら勉強をしたい。何を研究しているかは知らないが、機晶石に関する知識は蓄えられるはずだ

【行動】
教導団名物「関帝饅頭」の菓子折とランプを持って、ヒラニプラの外れにある小さな地下研究施設を訪問する。ヴィネには話を聞きに行かないのでエレーネ達よりも先に到着できるはずだ

グレイプさんに研究の手伝いをしたいと申し出、菓子折を渡す。電気もないという噂も聞いたのでランプで光源を。彼の研究の邪魔になるようなら消す。そのときは光が入ってはまずい理由を尋ねてみる

手伝いはデータ整理と資料探しを中心に進めていく。グレイプさんが未調査のデータと調査済みのデータに仕分けをする。未調査のデータに関しては調査日の日付を付箋し、調査テーマごとに分類する。こうすれば資料探しに手間取ることも少なくなるだろう。全資料を整理できればグレイプさんが見落としていたデータも見つかるかもしれないな

他の生徒がきたらグレイプさんに取り次ぎ。武器を持ち出すような生徒には力づくでも退室を促す。研究の邪魔だ



このシナリオ、ガイドやサンプルアクション通りに動くと一本道なシナリオになるなーと思ったので
軽い対抗アクションをしてみました。
キャラクタの目的や行動が全員一緒だと盛り上がらないなーと。

研究手伝いする人の多数は「エレーネと合流し、研究がマトモなものなら手伝う」ってアクションだと想像したので、手伝い一本の方が活躍できるかなと考えております。
他の生徒に先んじるのは手伝いアクションの時間軸を被らせないため。
手伝いなぞいらん!なオチもありますががが。

研究所の場所を探すアクションはダブルアクションの予感なので書きませんでした。
2つの地点で行動するアクションは没る危険大なので。
見つかりませんでした、なオチもありますががが。

グレイプの部屋の明かりがないこととヴィネは暗闇で動けないことに関連がある気もするんですが、いい推論を思いつかなかったのであまりタッチせず。
ヴィネの姉妹が眠っているので明かりを付けることができないのかな?

萩MSのシナリオには初参加なのですが、過去のリアクションを見てみるに「入室→質問→手伝い」くらいはダブルアクションにカウントされなさそうかなと。
最後の取り次ぎは他の人のアクションと絡む部分を書いておきたかったのでちょっと追記しました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/141-e19701bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。