PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きからアクション投稿文です。


▼プレイヤーの意図

魔獣使いとしてコツコツ活動していきたい。地上勤務の方が魔獣使いっぽく動けそう。

▼目的

ヒポグリフ隊地上勤務担当に志願し、まずは馬房?(ヒポグリフ房?)を作る

▼動機

隊として動くのであれば縁の下の力持ちとして動く人間も必要だろう。まずはヒポグリフの寝床確保だ

▼手段

念願の魔獣使いになったぞ!
航空戦力に志願する生徒は多数いるだろうし、私はそのサポートに回ろう。ヒポグリフも飛んでいる時間より地上にいる時間の方が長いだろうし、魔獣使いとしての経験も積めるはずだ。

初回の行動は「馬房作り」。いや、「ヒポグリフ房作り」?
放し飼いにしていては急遽警戒が必要になった際に対応できないし、管理が非常に難しい。そこで、道路作成時に切り倒した樹木や、取り壊したバリケードの木材を使って「ヒポグリフ房作り」を行うことを提案する。

私は【血煙爪】(チェーンソー)を使って柱・壁・屋根用に木材を適度な長さに切ることにしよう。建築は柱による骨組みをした後、屋根や壁を作る。
釘の用意など細かい作業は【小人の小鞄】の小人にも手伝って貰おう。もしヒポグリフ隊で暇にしている生徒がいたら建築を手伝って貰う。

【ヒポグリフ房設計案】基本設計は馬房と同様だが、一頭あたりのスペースを広く取る(馬と比較した場合、羽の分のスペースが必要なので)。地面には草を敷く。房の隣には夜番用の人が寝ることのできるスペースも作っておく。建築場所については人が生活する場所から徒歩圏内が望ましい

【ヒポグリフに対する基本姿勢】毅然とした態度で礼儀正しく扱う。言葉でのコミュニケーションが図れない代わりに、目をしっかりと合わせたり、鳴き声に注意して耳を傾けたりして、相手が何を考えているのか理解しようと努める。少なくとも、喜んでいるのか嫌がっているのかは分かるようにしたい。一方、甘やかすと命令をきかなくなる恐れがあるので、ヒポグリフが命令に違反した場合は命令を遵守できるまで根気よく付き合う。蹴られないよう後ろには回らないぞ

パートナーアクション内容 カッティ・スタードロップ

▼行動内容

あたしの担当は地面や屋根に草を敷くことだよ。工場付近に手頃な草があればそれを刈り取るし、もし手頃な草がなければ、『棒倒し』のときに生徒が刈ったはずの草を取ってきて、それを使うことにするよ

草が用意できたら、屋根はわらぶき屋根のように草を置く。地面にはヒポグリフが気持ちよく寝られるくらいふかふかに草を敷くよ。細かい作業は【小人の小鞄】の小人にも手伝って貰おう。SP分は働いて貰うっ

【ヒポグリフに対する基本姿勢】タイマンはったらダチ。わかり合うにはぶつかってナンボだよ!噛みつかれることを恐れてはいけない!噛まれたら噛みつき返せ!(後でヒールすれば大丈夫!)……でも蹴られると大変だから後ろには回らないよ



最初は騎狼を買って、警戒行動でもしようかと思ったんですが、値段が高くて買えなかった!(というかキャラクエに途中で飽きた)
せっかくビーストマスターになったのでヒポグリフ隊に参加しようかなと。とはいえ航空戦力には人が集まるのは目に見えていたので、人が少なそうな地上勤務を希望。戦闘がそれほど起こらない内に厩舎をつくってみました。LC一人しか追加していないので人手が足りない恐れもありますが。バリケードも何とかなったし、まぁ何とかなるだろう。道路作りで木材が出てくる今しかチャンスないし!

ヒポグリフに対する基本姿勢は描写されるかどうかは不明ですが、どういった態度を取るかが評価の鍵になりそうだったので(サンプルアクション的にも)とりあえず書いてみました。カッティの行動が成功したら笑えます。

このキャンペーンではずっと地上勤務する予定ですので、隊の皆様よろしくお願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/156-0a520166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。