PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼必須項目

 PL名:Kota
 PC名:猪原・寛
 選択肢:03.シュテルンビルトでパトロールする
02-A-02(デメテルホームへの救援)
02-B-02(謎の男の襲撃に立ち向かう)
02-C-01(レストランの犯罪者退治)

 主行動:
「タイガー&バニーの経営破綻した方、猪原寛です。元気ですかーッ!
刑務所からの脱獄犯に伝説のレスラーがいただと!?
お前は悪役(ヒール)だろうが犯罪者してるんじゃないコノヤローッ!
次回、Love your enemies(汝の敵を愛せよ)!
1,2,3 ビクトリー! ダーッ!!」

ヒーロー初のタッグ結成でシュテルンビルトに旋風を巻き起こすッ!

「シン、お前と俺でシュテルンビルトのタイガー&バニーだッ」

 行動補足:
【02-A-02】
猪原のトランスポーターに乗り込み、デメテルホームへと向かう。
到着したら、
「元気ですかーッ!」
と子供たちに声をかけ不安をやわらげる。

子供たちが好き勝手に逃げてはアマンダに捕まってしまうため、トランスポーターに子供たちとデメテルホームの先生を載せ、みんなで逃走する。
アマンダが追ってきたら、運転を先生に任せ、猪原は足止めをするために降車する。

(アマンダのミキサーを見て)
「そんな凶器、タイガー・マッハ・シンに比べれば三流もいいところだッ! ババァッ!」

自身の瞬発力では懐に潜り込めないだろうと考え、待ちに徹する。
アマンダのアームに立ち関節技をしかけ、テコの原理で機械の可動部を折ろうとする。
子供たちを逃がすための時間稼ぎが最優先。

【02-B-02】
シン程の有名なレスラーだった男が傷害なんてチンケな犯罪を繰り返していたのか疑問に思う。
NEXT能力を持ったことが原因で普通のプロレスから排除されてしまったならば、NEXT能力者が活躍できる場を用意してやればいいと考える。

シンがプロレスを止めてからの経歴と家族状況を昔のツテを頼って調べ、シンの母親や妻、子供の連絡先が分かったら、「かつてのライバルだった猪原が相談に乗り、助けたい」と言って会う約束を取り付ける。
約束場所は三重丹デパート前。

謎の男に襲われたら、能力を発動して身体能力を強化し凶器攻撃のダメージを軽減しようとする。

謎の男に対して問いかけ、できればHERO TVがやって来る時間稼ぎをする。
「このサーベル……まさか、お前はッ!?」
「シン、どうして俺を襲うッ!?」

サーベル攻撃に対しては柄の部分に自らひたいをぶつける。
インパクトをずらしダメージを減らす小技。
流血は盛り上がるのでいとわない。
むしろ、自分のひたいを指さし、ここに打てと煽る。

シンは武器を持っての攻撃が中心になるはずなので、
利き手に攻撃を集中する。
繰り返し殴り、関節技を仕掛ける。

シンが疲れをみせはじめたら、逃げられる前に裸絞をしかけ、テレビに聞こえないよう耳元で囁く。
「お前のことは調べさせてもらったぞ……ッ」
目線でシンの家族を示し、過去を清算してもう一度やりなおしたいならば、
猪原は金であれ何であれ支援すると言う。
シンが隙を見せたら、(ヘソで投げる)バックドロップを放ち、地面に叩きつけてフィニッシュホールドを狙う。

なお、ヨツヤ警察署に被害届は出さない。路上でプロレスをしたことへの始末書なら出す。

【02-C-01】
タイガー・マッハ・シンに勝利していたら、昨日の約束を果たすため、シンの居場所へ向かう。

その場で、シンに対してアントンエンターテイメント所属のヒーローになってタッグを組まないかと誘う。
昨日の一戦が世間をわかせた戦いだったと言い、
「俺はお前を一流のレスラーとして認めているッ。タッグを組めばシュテルンビルトが熱狂するぞッ」
と熱意たっぷりにしゃべる。
ヒーローになれば、世間の評価もあがり、金も稼げると語る。
「約束はタッグを組まなくても果たすが、お前がこのまま世間から忘れ去られるのは惜しいッ。ヒーローになって、もう一度、シュテルンビルトを騒がせようじゃないかッ」

「シン、お前と俺でシュテルンビルトのタイガー&バニーだッ!」
※バニーは猪原を意味する。燃える闘魂=バーニングハート、略してバニー。猪原が思いついたタッグ名。

脱獄犯をヒーローとすることにHERO TVは良い顔をしないだろうが、
1.猪原とシンのコンビなら人気は間違いないこと
2.シンのNEXT能力は犯罪者から武器を取り上げるのに非常に便利であること
3.シンの犯罪は比較的軽微な罪であること
をプッシュし説得する。

シンとタッグを組むことができたら、手始めにレストランの犯罪者退治を行う。
シンに犯罪者の武器を取り上げさせて、その隙に猪原が襲いかかる戦法。

 日常行動:
アントンエンターテイメントの財務は新開に任せて、猪原は営業に専念する。
まずは、シュテルンビルトの歩き方VOL02に登場するために、この編集部に出向いて直談判する。

「ターザンッ、お前ここで働いていたのかッ」

 その他:
【ヒーロー事業者定例会議】
(非公開)


読み返すと、冗長だなぁ。もっとそぎ落とすべきだったと反省。特に説得のところがくどい。羅列しすぎ。
アクションを失敗しないようにというせせこましい性根が見え隠れしておるわ。そういう保険が、つまらん。
【02-A-02】くらいの量がちょうどいいんだよなぁ。本来。

ヨツヤ警察署は存在してしかるべきです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/223-05088c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。