PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴースト・ダンス・ダンス・ダンスの山城マスターシナリオ(プロレスシナリオ)には以下キャラで登録予定です。

・名前
カルネアデス・ブロス・Jr.(-・-・ジュニア)

・性別
2.女

・年齢
18歳

・信条
1003 闘争

・特徴
2021 中性的
2122 執念深い
2137 熱血

・口調
3011 あたし
3128 おまえ、(呼び捨て)
3215 姉御肌な口調「~だね、~だろ、~かい?」

・能力値
肉体 6
感覚 6
知性 8

・《祭主》
4012 プラトン

・《霊器》
5120 素手(プラトン)

・《霊験》
6120 『ツープラトン』

・《祀徒》となった理由・境遇
7003 《祭主》に勧誘された。

・徴の位置
7109 胸元

・組織
8200 セーフハウスサービス

・特典スキル
9008 磨かれた知性
9009 往生際の悪さ

・背景

 1年前、彼女はごく普通の女子高校生だった。プロレスラー兼軍人の父親――カルネアデス・ブロス――を誇りに思う、普通の女の子だった。
 その日は父の試合をリングサイドで観戦していた。
 ルール無用のデスマッチ。ラフファイトが十八番のカルネアデスは、この試合形式をもっとも得意としている。
 相手は無名の中国人。勝利は当然だと誰もが思った。
 だが、大観衆と彼女が見たものは、中国人のキャメルクラッチに苦しむカルネアデスの姿だった。
 父親の背が反り返っている。うめき声が聞こえる。手はタップしようともがいている。
「もう、やめてえええ!」
 彼女が悲鳴をあげて、パイプ椅子から立ち上がった。リングに駆け寄ろうとする。
 その瞬間、中国人が口元をゆるめた。
 ボキッ。父の背骨がぐにゃりと曲がった。人間のものとは思えない叫び声。中国人は力をゆるめない。ゆるめない……。
 父親は、彼女の目の前で、真っ二つになった。マットが赤く染まった。

 父の葬儀の場に、見覚えのない男が来ていた。スーツを着ていても、隆々とした筋肉だと分かる。
 男は、アタシの《祀徒》になりなさい、と言った。
 彼女は、アイツに復讐できるなら、と答えた。
 その日から彼女は、カルネアデス・ブロス・Jr.と名乗り、必死にトレーニングを続けた。
 毎日ブリッジを繰り返す。床に汗が染みついた。

 そして今、彼女の前にGGWFの門戸が開かれている。
 『偉人杯』に参加し、達磨一派を倒し続ければ、いつかあの中国人とも戦えるはずだ。プロレスラーである父の屈辱を晴らすには、大観衆の前でアイツを倒さなくてはならない。
 それが《祭主》の恩に報いることにもなるだろう。
 カルネアデス・ブロス・Jr.はこぶしを強く握り締め、GGWF事務所ビルの扉を叩いた。

・プロレススタイル

 父親ゆずりのラフファイトにクラシックレスリングの技術を組み合わせたスタイルを主とする。
 肉体能力は一般成人並だが、たぐいまれな闘争心(精神力)と頭脳プレイで補っている。

・感情

 達磨および中国拳法の使い手には敵意を示す。
 プラトンに淡い恋心を抱いている。

・外見

 ボーイッシュに髪を短く切っている、金髪碧眼の女性。
 イメージは『悲しみよ こんにちは』の頃のジーン・セバーグ。
 (※この人)
seba-gu.jpg

 コスチュームは濃緑のビキニにホットパンツ、そして黒いレガース。
 入場時はドクロの徽章が入った帽子を被り、濃緑の軍服を羽織る。


要するに「嗚呼、心に愛がなければ」「スーパーヒーローじゃないのさ」「キン○マ~ン♪」ということです。

し、仕方ないだろ!初期情報のマスターより、に、

遺恨試合みたいなものとか派閥争いなど、GGWF内でのPCのバックボーンを好きに設定していただいて構いません。バックボーンに興行価値があるほうが描写されやすいです。興行価値はドラマ性と考えてもらって差し支えありません。

って書いてあって、「嗚呼、心に愛がなければ」で、中国拳法との対立があるんだったら、
このバックボーンが一番興行価値があると誰だって思うだろ!
さすがにドイツ出身にするのは色々と駄目なので、祭主との関係を強くするためにギリシャ出身にしました。

カルネアデスという名前はプラトン派の哲人で、祭主にはならなさそうだけど、そこそこ知名度があるラインを狙って名づけています。

「《祭主》に勧誘された。」って境遇は、祭主と一度は出会ったことにできるので、設定が作りやすいですね。

プラトンとの関係は、リンカーンとサラの関係に対比できるかなというのを狙っています。
ガチムチひげ面オカマNPCに恋する少女……悲恋間違いなしよね、コレ。ハンケチーフ用意しとくべし。

徴が胸元にあるのは、エロそうだから。それだけ。

ちなみに、初回行動では「達磨祖師との戦いを希望する」の予定です。いきなり死亡はないよネ……。

追記。
特典スキルで、知性10&往生際の悪さをゲット。
往生際の悪さは、プロレスシナリオだと死亡しそうなターンは明確のはず(デスマッチを宣言したとき)なので
一番活きるスキルのはず。
コメント
この記事へのコメント
 少林寺十八銅人が中ボスでその後に少林寺十二金剛とか現れて、な展開を幻視しましたが今作は目先を変えた展開になりますかね。

 主催と手を組んでいるものの背景を見せない達磨が展開の鍵を握ってそうなんですがはてさてどうなるんでしょうかね。

 今は遠くから応援をさせて頂きます。
2012/08/02(木) 23:56 | URL | サンドマン #I4t1ZHtI[ 編集]
ども、応援ありがとうございます。
山城マスターの普段の盛りっぷりを考えると、少林寺百八星の登場が、あるいは、あるかもしれません。
主催自身も鍵を握っていそうですよねぇ。
2012/08/03(金) 21:25 | URL | Kota #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/238-bde7b1be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。