PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず、こんなキャラです。

寝子島のプリンス・オブ・伊達ワル「X 我威亜(くろす・がいあ)」

イラストはアイコンを頼んでいます。

プレシナ第1弾 ドラ猫とっつかまえ大作戦!にアクション投稿しました。

アクションは以下のとおりです。

■プレイヤーの目的・意図
我威亜先輩がダントツで頭おかしい人だってことを見せてやるんだ!

■キャラクターの目的・理由
【目的】ボン太と戦う
【理由】寝子島のストリートに王者は二人もいらない。そうだろ?

■キャラクターの行動・手段
「いつかお前とは雌雄を決する日が来ると思っていたぜ。どっちがこの町の帝王か、勝負!」

ボン太を引き寄せるため、ストリートで裸になって、体に猫缶(鮪味)の中身を塗る
股間のマグナムボーイは空缶で隠す
あえて敵地で身を晒すのは不退転の決意のあらわれだ

「野生の血を滾らせるには、素肌で敵意を感じなきゃいけない。刺さってるぜ、ボン太、お前の視線が……!」

他にも視線が刺さってる気もするが、
恐らくはダビデ像じみた俺の裸体に股を濡らした女の熱視線だろう
もしくは、イケてない男が俺のモテぶりに嫉妬する視線だ
邪魔をするようなら
「黙って下がりな。戦いが始まったらヤケドじゃすまねえぜ」
と忠告する

ボン太が近づいてきたら
「フシャー!」
とワイルドな(奇)声をあげて威嚇し、かみつく

「今の俺は400%の俺だッ!」

【銭湯にボン太が逃げたら】
男湯女湯という銭湯のルールは俺に通用しないので、構うことなく突入する

女が悲鳴をあげたら
「後でいくらでもキスをしてやるから、今は黙ってな。男の戦いの最中だ」
と言う

【逮捕されたら】
「やはり乱世でないと俺は生きられない宿命……」とつぶやく

以上。

能力はあえて持たないのも面白いかな、と思ってます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/253-5d7c7edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。