PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までで一番アクション描写がしっかりしていたリアクションだったんじゃないでしょうか?
これならカッティも参加させればよかったなー。

マスターコメントにもありましたが、場面が飛んで読みにくかったのは確かですけど、これだけの敵がいないと一人一人の描写はできないですよね……難しいところですね。
私としては、多少読みにくくても一人一人の見せ場があった方が嬉しいです。

投稿したアクションはこちらです。

登場シーンです。

クラゲ・サメ前半戦

「クラゲは倒す、水風船爆弾は集める、両方やんなくっちゃあならないのが『海月バスターズ』のつらいところだな」 
 海面に顔を覗かせたイレブン・オーヴィルは射撃を行う仲間達から、水風船爆弾を吐き出すクラゲへと視線を巡らせた。
 ユウ・ルクセンベールとパートナーのルミナ・ヴァルキリー、そして、御国 桜とパートナーの白雪 命がクラゲへと距離を詰めていくのが見える。
 イレブンはクラゲの挙動を観察するように目を細めた。

(略)

樹の銃撃を追って伸びた幾本もの毒手をイレブンが斬り散らす。
 イレブンは筋力増強スーツを起動し、樹達とクラゲとの間で、彼女らを狙うクラゲの毒手を相手にしていた。
(普段なら――)
 巡らせた視線の先、更に樹達を追って猛スピードで海中を裂いていく毒手の切っ先。
(間に合わないだろう……だが)
 イレブンは強く水を蹴り出す。
 掛かる抵抗を突っ切って、毒手達の前へと到達する。
 その格好で剣を振り出す構えに入る。海面に対して斜めの格好で、重力を妙な方向に感じる。
 加えて言えば、いつものように踏み込む足場など無い。
 が、強化された身体能力がそれらの不安定さを全て帳消しにするという事をイレブンは先程知っていた。
 迫る毒手に対して、剣を振り出す。
 まるで、そこに地面が存在するかのように足裏が海水を擦り、その音が刃の斬音と混じって海中を通った。
(大したものだな)
 もう一つ確かめるように刃を振り払ってから、イレブンは海中に無残に散らかるクラゲの毒手の中を抜けて、一度呼吸を取るべく海上へと水を蹴った。

セリフが採用されたw
冷静に戦っている姿を書いて頂いてありがとうございます。

クラゲってサメみたいに小型のクラゲが複数いるものだと思っていたんですけど、大型だったんですね。
小型クラゲをぷちぷち倒していく任務だと思ってアクション書いちゃってました。

今回、面白かったリアクションは、
グラウェン・ロックベルさん:黒のブーメランパンツが何度か出てきて非常に印象的。他のシナリオでロックベルさんを見たときにもブーメランパンツのイメージが残りそうです。
神代 正義さん:ついにRXに!なんかいろんなものが混ざりつつありますね……だが、それがいい。
ゴットリープ・フリンガーさん:一番応援したくなったアクションでした。泳げ、泳ぎ切るんだっ、ゴッドリープ!という感じに。
香取 翔子さん:「無脊椎動物の分際で我々に盾突くとは進化の過程で言うと五千万年ぐらい早い!」というセリフが素敵です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/32-de0ce997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。