PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今後のアクション投稿の参考のため、マスターコメントで役に立ちそうな部分を抜き出してみました。
マニュアルに記載されていない情報も多々ありますので、参考になるんじゃないでしょうか。
下のほうに8つのポイントにまとめてみましたので、お忙しい方はスクロールしてみてください。

■有沢楓花マスター(紫陽花の咲く頃に (第1回/全2回))

 また、希望された方がいらっしゃいましたが、公式相談掲示板の内容についてはリアクション執筆に反映しないルールとなっておりますので、ご了承ください。


■川岸満里亜マスター(百合園女学院の秘境を見よ!?)

必要に応じて「糸を引いている人物がいるかもしれない」などと、マスターよりに明記してPCを誘導することもありますが、やはり大人数型、及びこういった参加者個々の目的が違うシナリオでは、ガイドの中からヒントを見つけ出し上手く利用して自らの成功に繋げたりと、依頼の成否だけに拘ることなく、皆様次第でどんな結果も望めるものだと考えています。


■秋山 遼マスター(着ぐるみ大戦争~明日へ向かって走れ!)

 まず、勘違いしている人がかなり多いようなのではっきり言っておきますが、このシナリオはシミュレーションゲームではありません。シミュレーションのファクターは含んでいますがあくまでRPGです。作戦なんかをだらだら書いているだけのアクションは没です。キャラクターがどう考え、行動するかがポイントとなるので要点をまとめた上で、しっかり動いてください。
 え~、皆さんいろいろ考えているようですが、今回の肝は「合同訓練」ですが、合同訓練と理解してない人、多いですねえ。自分が只ラピト兵をしごくだけというのはいただけません。今回ピカいちだったのはネイト・フェザーさん。あえてラピト兵に頭を下げて教えを請うというのは思い切り個性的かつ光ったアクションです。ラピト兵と仲良くする、かつ自分と相手の練度を上げるという意味をこれだけで集約させてます。フェザーさん自身は自分を鍛えるのが目的とありますが、結果として一番合同訓練の意味を示したアクションとなりました。
 一方、なにやらがらがらと崩れているのが「情報本部」周りの人たちです。偵察に出る人や補給に出る人たちより情報収集に対するアクションがまとまっていませんでした。実際、闇雲に組織を増やしても意味ありません。また、むやみに組織を作る弊害がすでにアクションに現れているので現状、情報本部は却下とします。皆さん、まずは新兵なんですから地道なとこからですよ。
 それと、自分に都合のいい結果をアクション内に書いちゃっているのはマイナス評価です。没になるよ。


■篠崎砂美マスター(悪戯っ子の目に涙!?)

 途中からかなり予想外の流れになっていったので、予定通りの展開にならなかった人も多かったと思います。特に説得するアクションは、多数の人がだぶったためにかなり成立しにくい結果となっています。申し訳ありません。


■砂原かけるマスター(エンジェル誘惑計画(第1回/全2回))

 シナリオガイドでご注意させていただいた通り、今回、性別と外見性別が共に女性のPC(MC、LC共に)は薔薇の学舎に入れませんでした。詳しくは第1回シナリオガイドのマスターコメントをご参照下さい。

 アクションのメインが罠の勉強だったPCには称号「初級罠講座終了」をお付けしていますので、ご確認ください。ただし、これは受講した事を証明するものでしかありません。実際に罠に対応できるかどうかは、スキル、アクション、能力値により判定されます。称号があっても実力が伴わない場合、ペーバードライバー的な扱いになるでしょう。
 またダンジョン実習の生徒向けに多くの弁当を用意したPCには称号「乙女の手作り弁当お届け隊」をお付けしていますので、こちらもご確認ください。
 ちなみに、あーる華野筐子さんのお弁当は有料だったようですが、現状でマスターがPCの所持金を操作する事はできませんので、食された方も筐子さんも所持金の増減はありません。

 本文中では演出上、正体をハッキリ書いてはおりませんが、怪盗133はPCのある方です。

 次回、人食いヤドカリと戦う場合、今回本文中で砕音がやった戦闘方法をとるには、能力値で体育10以上かつ音楽21以上が最低限、必要になります。もっとも、複数PCが協力して上手くいった場合には、この数値より下でも可能でしょう。


■望月 桜マスター(合同お見合い会!?)

今回は、コンセプトが「お見合いと交流」にあったため、後半のアクションシーンを若干削らせていただきました。


■古戝 正規マスター(海開き中止の危機に!)

 本シナリオは「海開きの準備を完了させる」までのシナリオとさせていただいておりましたので、準備完了後のアクションを記入いただいた方のアクションは採用しておりません。


■今唯ケンタロウマスター(オークの森・遭遇戦)

 それでは、今回このシナリオでの判定に関わる部分や、ポイントだった点等を以下に記しておこうと思います。
・ まずオーク・キングなのですが、これについてのみは判定は厳しめで、MC・LC含め、最低10人の攻撃があり、連携が上手くとれていることが、打倒の基本的な条件となっていました。勿論、例外的なアクション(予想も付かず且つ的確な)が来た場合、何らかの成功はあり得ると思います。
・ オーク・キングといる新手のオーク団は、「豪壮な装備を身に纏った一団」とあるように、森のオークよりレベルの高い者達で、キングの側近にあたる特に手練れの数匹も想定していました。ここに目を向けてアクションを書いてくださった方もいらっしゃいました。
・ それから、「軍用バイク」「小型飛空艇」を使ったアクションを書いてくださった方も何名かいらしたのですが、森のなかでの乱戦になるので、基本的に今回は登場させないものとしました。(もちろん、アクション自体は採用し、軍用バイク・飛空艇を使用しない形でそのアクションを描写する方向で書いています。)確かにアイテムとして所有している以上、使える筈では、との意見もあると思うのですが、たとえばセイバーでも剣が効かない相手ならそういう場合のアクションの取り方があるでしょうし、今回のような場合は、移動用アイテムを所持しているがそれの使用し難い場所でのアクションの取り方、ということになるかと思います。が、シナリオ段階でその判断基準となる描写が不足していたと考えると、シナリオの反省点だとも言えます。
・ リアクションに彩りや趣向を与える余興を上手く盛り込むのは、是非歓迎したいです。今回、そういったPCのアクションに対し、このゲームの能力値とTRPG的手法とを組み合わせた判定をしてみた箇所がリアクション中に有るので、探してみてください。


■篠崎砂美マスター(臨海学校! 夏合宿R!)

 まだシステムの関係で、アイテムの贈与とか、NPCとの契約などができませんので、そういったアクションは残念ながらすべて没となっています。他にも、NPCの独占や、他キャラへ実害を与えるアクションは採用できませんので御注意ください。


■有沢楓花マスター(紫陽花の咲く頃に(第2回/全2回))

他のマスターさんも大勢いらっしゃいますので、この辺りで私自身のアクション・リアクションについての考え方を多少述べておこうと思います。あくまで現時点のもので、私個人の意見ではありますが……。
 今後も私は主に百合園の内外のシナリオを書くことになりますが、その際の注意点です。

 百合園女学院には、少なくとも外見性別が女性でないと校内には入れない──という設定があります。
 システム上、シナリオ募集時に学校限定にすることは現在できませんし、私自身も百合園生「だけ」でシナリオを運びたいと思っているわけでもありません。
 が、完全な全く気にせず校内に進入させることは世界観に反し、壊してしまいます。今後百合園自体がどう変わっていくかは勿論皆さんも作り上げるものではありますが、現時点ではまだ難しいです。
 更に、少なからずいらっしゃるであろう「女子校・お嬢様学校だから」キャラを作成した方や、「百合園の雰囲気を楽しみたい」とシナリオに参加された方の気持ちをないがしろにしてしまうことになります。
 これは、何も他校生に参加して欲しくない、ということではありません。
 ですので、他校から参加が難しい状況設定のシナリオの場合(他校生も入りやすいシナリオというのもありますので)、入るためには百合園生よりもう1ステップ、手順を踏む必要があることをご理解いただきたいと思います。


■瑞島郁マスター(栄光は誰のために~火線の迷図~(第1回/全3回))

 最初に全体的なことですが、まず、NPCの行動を判断、決定するのは基本的にマスターです。NPCに何かをしてもらいたい場合は、説得するなどのアクションをかけてください。説得アクションをかけずに、NPCの説得に成功したことを前提にアクションをかけていた場合、説得が成功するような内容でなければ、当然ですが、それ以降の部分はすべて失敗となります。
 また、『このシナリオのシナリオガイド及びリアクションに名前が出ていないNPCから、何らかの依頼があった、情報を聞いた』など、NPCが自分の都合の良いように動いてくれたことにしてあるアクションは、その時点ですべて失敗とします。特に他校の校長など教導団以外のNPCに関しては、このシナリオでは扱いませんので、名前を出した時点で失敗扱いです。

 そして、既にお断りしてあります通り、このシナリオでは他に比べてアクション成功の判定を厳しめにしております。ですので、プレイヤーが知っている情報の範囲とPCが知っている情報の範囲は別ものと考えてください。自分が所属する以外の勢力の内部事情等は、それを知るNPCまたはPCが教えてくれない限り知っていると認められませんので、ご注意ください。(リークする側も、アクションに『誰々に教えた』と書いてください。よろしくお願いいたします)

以下は、学校別の注意事項となります。

●教導団の生徒の皆さんへ。

 メール機能が実装されていないので、プレイヤー間の相談もなかなか大変だとは思いますが、ソロプレイでも活躍の道はあります。多数決で展開が決まるわけではないので、プレイヤー間の相談やグループアクションは必須ではありませんし、出来なくてもアクションがかけられるように配慮はして行きます。
 ただ、あまりアクションが一つのポイントに偏りすぎると、他の場所が手薄になって危険です。実際、今回は遺跡内部の探索に人数が集中し、それ以外のアクションが不足する結果になりました。
 ですので、プレイヤー用の掲示板を覗いて、誰も居なさそうなポジションへ行くのも一つの方法です。後方任務や哨戒任務でも、きちんとシナリオに絡んでいるアクションであれば、ちゃんと描写はしますので。
 それから、活躍したPCは教導団内での階級が上がって行く予定ですが、これは他のプレイヤーに対して命令ができる、という意味ではありません。プレイヤー同士はあくまでも対等ですので、誤解のないようお願いいたします。
 
(略)

●他校生の皆さんへ。

(略)

 なお、教導団以外のPCについては、あくまでも個人の立場及び個人の意思でこの件に関わっているものとします。学校の代表である、学校及び他校のNPCの援助を得ているなど、学校の力を借りることはできません。(個人の立場でグループを作るのは構いません)


■芙龍らむだマスター(全パラミタ的美男子オーディション)

今回、皆さんのアクションを拝読していて気になったことが2点ほどありますので、この場を借りて伝えさせていただきますね。

まず一つめは、ダブルアクションが目立ったこと。
私の場合「その場を盛り上げてくれるアクション」と「個性的なキャラ」を優先的に判定勝ちとする傾向が強いので、「おもしろければイイ」っちゃいいのですが。他のゲームマスターさんのシナリオや、ストーリー重視のノーマルシナリオに参加する際にはご注意ください。バッサリ行殺されても文句は言えないですよ。

それから、もう一つ。「○○のシナリオを参照にしてください」という記述や、「おそらくこれは別の誰かのシナリオに関係しているんだろうなぁ」と思われる記述をされる方が複数いらっしゃいました。大変申し訳ないのですが、ゲームマスターがすべてのシナリオを読んでいるとは限りません。また場合によっては、参考シナリオを指定されても読む時間がとれないこともあります。「○○参照」といったアクションはご遠慮いただければ幸いです。


強調は私が行ないました。

まとめてみると、

・シナリオのコンセプトに合ったアクションでないと描写が薄くなる。
コメディでバトルをしたり、戦争で恋愛を目的とするようなアクションは描写が薄くなりそう。
・シナリオガイドは隅々まで読んでおく。
マスターからの注意点はチェック必須。また、ヒントが隠されているかもしれない。
・アクションには、キャラクターが思考・行動できることのみ記入する。
行動の結果や他のキャラクター(NPC等)の行動を記入することはできない。特に自分に都合のいい結果はどのマスターでも没になる。
・プレイヤーが知っている情報とキャラクターが知っている情報は異なる。
キャラクターはその情報を知ることができるアクションを取らないと、情報入手はできない。
・他のシナリオでの行動が、それ以降のシナリオに影響を与えるとは考えない方がいい。
キャンペーンシナリオや同一マスターであれば可能かもしれませんが、通常のシナリオであれば、以前のシナリオと関連したアクションを取るのは避けた方が無難。
・アクションは他人との重複が少なくなるようにする。
相談掲示板で多くの人が行なおうとしているアクションは避けた方が無難。
・シナリオよりも未来のアクションは行なわない。
そのシナリオがカバーする時間軸より先のアクションを行なっても没になる。(今後、キャンペーンシナリオでは重要になるかな)
・アイテムやお金は渡すことはできない。
システム上の都合とのこと。(システムが変わったら贈与できる?)

というのがアクション成功の8つのポイントでしょうか。

もちろん、これら以外にも重要なポイントはあるでしょうし、8つのポイントを抑えていなくてもアクションが成功することはあると思います。
1つの参考としてご活用いただければと思います。
コメント
この記事へのコメント
初めまして、夏野夢見のPLです。
最近のリアクションから、アクション成功に関わりそうな事が書いてあったのを見つけてきました。

スキルや装備、服装は『アクションを投稿した際にセットしていた物』が使われる。
http://souku.jp/scenario/reaction/51/SGP000328/page:18

リアクションで使用できるのは『武装』に装備したアイテムのみ。
http://souku.jp/scenario/reaction/3/SEV000373/page:8

玉野 晴マスターが、シナリオガイドで初心者講座をしています。慣れている人が当然のようにやっている(故に詳しく説明できない人が多い)事を丁寧に説明しているので、個人的におすすめです。
http://souku.jp/scenario/guide/3/SEV000402
2009/12/26(土) 15:03 | URL | 夏野夢見の中身 #mzpQTpls[ 編集]
はじめまして。補足有り難うございます!
玉野 晴マスターのシナリオガイドは丁寧に書いてあって親切ですよね。
2009/12/28(月) 11:36 | URL | イレブン(PL) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/34-7f732ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。