PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続いて、「着ぐるみ大戦争~明日へ向かって走れ!」 のアクション投稿です。
1日に2つもアクション投稿があると大変ですね……参加しすぎました。
前回のシナリオに参加したので引き続き参加してみようかなと。

このシナリオではシリアスに記入しました。
ワイフェン族を打破するアクションが多いだろうな……と思いまして、
ワイフェン族と友誼を結べるような行動をとってみました。



▼プレイヤーの意図

前回のシナリオとつながりをもったアクションを取りたい。あわよくば目立ちたい

▼目的

バイク騎兵として参戦し、ワイフェン族を含む各部族に武勇を見せる

▼動機

ワイフェン族もまた教導団の隣人だ。互いに尊敬しあう関係を作りたい

▼(イレブンの)手段

■ワイフェン族は敵ではない、同じ大地に住む隣人だと考えている。尚武を旨とする部族であれば、こちらの武勇を見せれば武人として敬意を払ってくれるのではないだろうか?個人的には古代王国の調査に興味があるので、彼らとは是非協力したい
■バイク騎兵として参戦しよう。開戦前時間があれば、銃器の訓練にあてるか、軽迫撃砲の輸送が必要なら手伝いたい
■射撃戦後、他部隊と共に突撃しよう。大声を出し、初陣の兵士が萎縮しないよう奮起させる
■敵陣に突入後、敵隊長を探し出す。偵察時に遭遇したヴァルキリーなら尚良い。あの女は間違いなく敵陣の中でも強いだろう。発見後、一騎打ちを申し込む。必要なら挑発も辞さない
■勝利したときは互いに首級をあげることを提案しよう
■一騎打ちでは光条兵器を使用する。これこそが地球人とシャンバラ人との絆。これが勝利の原因になれば、ワイフェン族も地球人と手を結ぶ意味を知るかもしれない
■勝利時は相手の首に光条兵器を当てよう。もちろん「隣人」の体を光条兵器は傷つけないように設定してある
■敗北時は相手のなすがままに任せよう
■現代戦は一騎打ちがあったとしても何も変わらないだろうが、相手の見る目が変わればいい

▼(カッティの)行動内容

■今どき一騎打ちを行なおうとするなんて、頭がおかしいとしか思えないね。とはいえ、死んだら困るから手伝うことにしよう。それにしても戦場はいいねぇ、心が躍るよ!
■基本的にイレブンと行動を共にするよ。バイク騎兵として参戦し、小銃で撃ち!メイスで殴る!
■一騎打ちになったら、倒れるまで光条兵器を出し続けることにしよう。それまではSPは消費せず温存しておくよ
■一騎打ちに割り込む野暮な奴は止めなきゃならない。これは戦士同士の戦いなんだ
■イレブンの命が危うくなったら、つい間に入ってしまうかもしれない。どうしてだろう、自分でもわからない・・・
■一騎打ち後、SPが残っていたらイレブンも相手もヒールをかけてあげよう




読み返してみると、そこまで前回とつながりを持った行動ではないですねぇ。
そして格好つけすぎだろう常考……

カッティはイレブンに対して恋愛意識は今まで持っていないのですが、
「なんだろうこの気持ち……」なラブコメ要素を今後追加してみたいなと思いまして、
こっぱずかしい内容を記入しました。

シナリオの展開によってはほとんど没になると思いますが、
上手くいけば独自性のあるアクションになるかなと期待しています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/6-2196d8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。