PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イレブンが参加します。

今回のアクションはかなりの難産でした。
最初は色々とアクションも思いついたんですが、他校生でしかも男性のイレブンが行えることってほとんどないんですよね。

精霊との親交フラグ立て狙いで精霊側に回るのも検討していたのですが、PvPはこの間の薔薇シナでやったしなと思い路線変更。

結局、他の人と被らず、他校生男子でも実現できそうなこととして、
「寮長・先生に絡みに行く」アクションを取ることにしました。
上手く不在をごまかそうとして、大嘘をつき続けます。

ついでに「香巴拉菜館」の名前をリアクションでも登場させることを狙ってみました。
お遊びです。

それでは以下アクション投稿文です。


▼プレイヤーの意図
他校生ならではの手伝いを行う。寮長達を勘違いさせて、最後のオチをちょっとカオスにしてみたい

▼目的
百合園の寮長・先生をだまし、梨穂子達の不在をごまかす

▼動機
海の妖精は非常に気になるが、男性の私が手伝えることは少なそうだ。ここは問題解決を裏からサポート

▼手段

※口調
生徒には~だ、寮長・先生には丁寧に、~です

※服装
教導団制服(信頼されるようにきちんとアイロンにかけて、シミ一つないように)
ヒラニプラ有名店「香巴拉菜館」のマンゴープリン6個セット(保冷剤を入れて運ぶ)

※心情
一日二日で問題が解決しなかった場合も考えると、寮長達に生徒の不在を上手くごまかしておく必要がある
嘘でだました結果は、現時点では気にしない。後でどうにかなるだろう

■手段
1.マンゴープリンを持って寮長や先生に挨拶に伺う
男性は入園できないので外で面会を申し込むことにする

2.寮長や教師をごまかす
説得力が増すように、何があっても、いかにも怪しい話でも堂々としていよう
他にも寮長達をごまかしている生徒がいたら、口裏をあわせよう

■不在の理由
・勉強のため教導団に体験入団をすることになったらしい
・ヒラニプラを数日間見学しているそうだ
・親族が危篤のため地球に戻ったらしい
・親族が再び危篤らしい
・人生の夢を探すため旅人になったらしい
・海賊王になるため乗船したらしい
・間違えてマグロ漁船に乗ったらしい
・『落ち込むこともあるけれど、私は元気です』との手紙を出したらしい
・海の精霊に助けられて戻ってきたらしい
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soukufrontier.blog83.fc2.com/tb.php/68-6e0b7c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。