PBW、PBM、TRPG中心のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアクション公開から間が空いてしまいましたが、ンカポカと着ぐるみの感想を簡単に。

■ンカポカ計画
アクション投稿文はこちら。

すさまじいリアクション……! MC100人がコメディアクションを投稿するとこうなってしまうのか、さすがは菜畑マスター!
分量も多く、読みごたえのあるリアクションでした。

ぽに夫のアクションは、やはり突発性奇行病でごり押しするアクションは無理がありましたねー。だが後悔はしていない!

ぽに夫独自スキルというか、ンカポカキャンペーンでは現実と非現実の境界をまたげるようになったので次回もこのスキルを活かして行動してみたいと思います。
三途の川を渡ろうが最後に無理矢理復活できるので物語上のオチ狙いには都合がいい!

■着ぐるみ大戦争
アクション投稿文はこちら。

大体やりたいことはできたかなー、と。カッティのアクションは需要喚起狙いなんですが、あんまりゆる族の琴線には触れることが出来ず。冷えたビール飲みたい → 冷蔵庫が欲しい  → 電気を手に入れる! ってなったらよかったんですけどね。次回のガイドでよっぽどのことがなければ、今回のリアクションの続きのアクション取ると思います。ラク族の方でアクションかけてる人とそろそろ整合性とってアクションしないといけないかな……。レアメタルどうしましょうねぇ。パラミタなので新金属を発見の可能性もあると見込んでいるんですが!

そうそう、今、称号見てみたら少尉になってました。着ぐるみでも10人くらい部下持てるのかな?
いつもながら今唯マスターの執筆量とネタの仕込み具合には恐れ入る……!
もうキャンペーンでもいいじゃないかという気になります。

■アクション投稿文はこちら

全体のコメントしているときりがないのでイレブン達が関わっているところだけ。

パルボンは何時もながらのパルボンっぷり。この人、偉そうにしている以外の行動をみたことがないな。素晴らしい。

騎狼部隊出発シーンは上手く新キャラが登場しているなーという印象。カッティのイベントカットが「【騎狼部隊】隊員募集ポスター」ということになっているとは! これで隊員も増えるのか? 行動はイレブンも一緒に行動してもよかったかな。結局イレブンは森には行けなかったですし。

酒場。PCも集まるでしょうし何かは起きるだろうと思っていましたが、予想以上の盛り上がり。こうやって予期しないアクションの重なりで物語が進んでいくというのが一番面白いですね。「未来から」は今後も積極的に使っていきたい。真面目な馬鹿さが面白いです。ここで新たに三人のNPCが部隊に参加。次回はこの三人の力がいかほどのものかを見せて貰うアクションは盛り込んでみたい。

アクション自体、かなり広げて貰えたので満足です。
アクション投稿文はこちらから。

やりたいことは大体成功!
今回はちまちまと縁の下の力持ち的に動いておりました。

葬式ができたのが一番嬉しかったですね。死体野ざらしは如何なものか。リアクション見てみるに、結構他の人も死体処理アクションしていた様子。これなら掲示板で一声かけてみてもよかったかも。死体処理アクションだと非常に聞こえが悪いですね、葬式アクションで。

カッティがこのキャンペーンで初めて称号ゲット。【リシアの押しかけ親友】になりました。後一回ですが、次はこの称号で参加します。リシアいなさそうですが!

飛空艇は意外と簡単にゲット。いや、君、それ君の権限で決められんやろ。どうみても後で処罰されるで。彼は「本校送り」ですね、間違いない。

今回、聖地までたどり着いちゃうのね。ガイドを読んで、てっきり次回、空京出発だと思ってました。(ワープ組だけ先に到着していて)。詰めたなぁ。

鏖殺寺院の名前出ちゃうか-。このキャンペーンでは鏖殺寺院の影は見せないで欲しかったな。どのシナリオにも鏖殺寺院が出てくると、正直飽きる。もっと他の敵対組織があってもいいと思うんだ。まぁ、鏖殺寺院が何でもありなオールマイティな悪役ってのもありますが。

次回はついに最終決戦。バトリまくりシナリオになりそうですね。イレブンが初めてライトブレードを抜くのか!? 天の邪鬼に、また戦わずにシナリオを終わらせるのか!

全体的には、むーん、わからん! 第一回から読み返して、まとめを作らないと意味不明になっている。
『夜をこじらせた機晶姫』は明日以降になるかもと思いましたが無事本日公開。

■『晴れろ!』
アクション投稿文はこちら。

やりたいことはパントルが洞窟内に壁画を描くことだけだったのでリアクション結果には満足。もっとチャレンジするアクションでもよかったかも。壁画を描くって普通成功するアクションなので、リアクション返却のワクワク感が少なかったなー。もったいないことをした。

子供どころか王までいたとは。ガイド読み返してみたら、確かに王の出発地点は洞窟ですね。
何か絡んでみてもよかった。

リアクション全体としては、アクションの結果で状況がどう変わったのかが描かれていたり、
細かい部分に芸を凝らしていたり(イレブンの持ってきたクレヨンが型取りに使われている等)と数珠繋ぎでは終わっていないリアクションでした。

メインアクションではない部分でモブ的にキャラが登場しているのも、「そこにいる感」が出ていて大変嬉しい。アクションは一場面ってのは大原則なんですが、じゃあその前と後は何をしていたの? ってのがとても気になるわけですよ。普段は脳内補完しているんですけどね。

次回は「孤児院建設」ですか、どうしようかなー。壁画ができて結構満足してしまったのです。

文字化け? は修正依頼出しときました。何いっているのか意味不明な文章もありましたし、早いとこ修正いただけると嬉しいですね。ちうか運営さんはチェックしてないんかな……。

■『夜をこじらせた機晶姫』
アクション投稿文はこちら。

あー、これはしまった。もっと練ってからアクション投稿しておけばよかったと反省。シナリオが求めてることとプレイヤーの意図、そしてキャラクタの行動が空中分解しちゃってましたね。キャラクタの動機と行動、結果は筋が通っていたのでイレブンは求めていたことができたと思いますが。(機晶石の知識Get!? ちうことで)

そもそも依頼に興味のないPCを入れるものではないですねー。イレブン、特定個人の困りごとには大して興味持たないんだよな。不特定多数(空京市民とかモン族とか)を助けることには全力を尽くすんですが。

イレブンの8Pもある関係設定に目を通して、戦友関係を活かしてくれたのは大変ありがたいです。これだけ関係が多いと、普通のマスターは目を通さないだろ……と思っていましたので。

リアクションは読み物としても結構面白かったです。ベネ! 人気マスターなのも頷ける。問題すべてが解決できているわけではないが二人にとってはハッピーエンドになっているところも好み。もっと障害物が多かった方が起伏もあってよかったなー。明確な敵ってのは蛮族だけでしたし。たとえば、ヴィネの父親と名乗る男(実はヴィネを分解してメモリー機能を売ろうと考えている商人)なんてのがいても良かった気がします。

今回、色々と機晶姫に関する情報が出てきました。これを篠崎マスターみたく別シナリオへの伏線としてくれたら燃えるんですが、どうなんでしょう。
ぽに夫日和!

藤丸あおさんに発注させて頂いたアイコン5つが納品されました!
ナイス顔芸!

藤丸あおさんのホームページにはアイコン依頼の参考となる表情集がありますので、アイコン発注の際には是非ご覧下さい! 見てるだけでも結構面白いです。

青的書庫(藤丸あおさんのHP)

リアクションが二つ返ってきたので感想を。

■ジャック・オ・ランタン襲撃!

大体やりたいことはできました!

ぽに夫は怪物と人間だったらどうみても怪物側だろ、ということでジャック側に。ジャックの服装はガイドに載っていたので、そのままの服装をしてみました。誰かにジャックと間違えてもらわないとどうしようもないアクションだったので、上手く絡めて貰って助かりました。

最初から勘違いをさせるってのもワンパターン化しつつあるので何か新ネタを考えないとなー。ぴなふぉあシナリオには申し込んだので、ここでシュートなネタをしてみるか。「いいのかい蒼フロなんかに来ちまって。ここは実在の人物でも弄り倒すカオス空間なんだぜ?」な感じで。

シナリオ全体の感想としては、手堅く纏めたイベントシナリオだなという印象です。
各キャラのコスプレが見せ場でしたね。

■氷雪を融かす人の焔(第3回/全3回)

こちらもやりたいことは実現できました。もっと積極的に町の人に絡みにいけばよかったかなと反省。

猫宮MSでサンプルとかけ離れたアクションをする場合、事前準備を行なったり、細かく材料とかを書くのはあんまり意味が無いのかもしれません。サンプルと離れたアクションをするとき、細かく行動を指定した方が活躍できる(細かく指定しないとアクション判定に失敗する)場合が多いのですが、判定がゆるそうなアクションを仕掛けたり、判定のゆるいマスターならあんまりそこは考えずにアイディアを盛り込んだほうがいいのかな。

全体としては予想通りに物語が進みましたね。キャンペーンと合流するそうですが、キャンペーンにはイレブンがいるのでぽに夫はここでおさらばになりそうです。イレブンも研究所方面が見込み薄そうなシナリオだったら登場しないかも、ですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。